8.1. Runlevelという概念

ほとんどのLinuxディストリビューションは、システム全体の状態を示すためのRunLevelという値(0〜6の数字)を持ちます。

  • 0 システムが止まる状態
  • 1 管理者だけが端末を使用できるシングルユーザモード
  • 2 一部のサーバの動いているモード
  • 3 必要なサーバが全て動いているモード
  • 4 現在は未使用
  • 5 RunLevel 3に加えてGUIでログインできる状態
  • 6 リブートする状態

管理者がRunLevelを変更するためのコマンドとして(/sbin/)telinitコマンドがあります。telinitコマンドは引数として0〜6までの番号を指定して実行すると、指定したRunLevelに遷移します。

# telinit 1

このように通常はRunLevelを1(シングルユーザモード)に落として、メンテナンス後に戻る、という使い方になると思います。

【問題】
1. telinitコマンドでシングルユーザモードになってみましょう
2. シングルユーザモードになったら再度ランレベルを5に戻しましょう