6.3. パッケージのインストール

パッケージファイルを指定してインストールする場合には、“-U”というオプションを用います。ただしこのままでは非常に寡黙(インストール中の情報を一切表示しない)なため、通常は“-Uvh”とオプションを追加します。

  • -v インストール中のパッケージ名を出力します。複数のパッケージファイルを渡した時に今どのパッケージを処理しているのかがわかります。
  • -h パッケージインストールの進行の具合を“#”を使って表示します。

ここでは負荷テストプログラムstressのパッケージをインストールしてみましょう。まずはwgetコマンドでファイルをダウンロードします。

 $ wget http://packages.sw.be/stress/stress-1.0.2-1.el5.rf.x86_64.rpm

–2012-01-27-12:57:22–  http://packages.sw.be/stress/stress-1.0.2-1.el5.rf.x86_64.rpm

packages.sw.be をDNSに問いあわせています… 78.46.17.228

packages.sw.be|78.46.17.228|:80 に接続しています… 接続しました。

例えば、このstressのrpmファイルをインストールする場合には、オプション“-Uvh”を用いることで、進行状況を表示するようになります。

# rpm -Uvh stress-1.0.2-1.el5.rf.x86_64.rpm

警告: stress-1.0.2-1.el5.rf.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA/SHA1 Signature, key ID 6b8d79e6: NOKEY

準備中…                ########################################### [100%]

1:stress                 ########################################### [100%]