6.2. パッケージ情報の確認 -rpmコマンド-

【コマンド説明】rpm:RedHat Package Manager
RedHatベースのディストリビューションでは各ファイルをRPM(RedHat Package Manager)とYUM(Yellowdog Updater Modified)によって管理しています。RPMやYUMを用いることで、ソフトウェアを安全に導入したり、ファイルがどのパッケージに属していてそれがどこで作られたのか、といった情報を得ることができます。そこでrpmパッケージの管理にrpmコマンドを用います。

【動画説明】
実際にrpmコマンドを使う前に、manコマンドで説明を見てみましょう。日本語で詳しい解説がされています。

# man rpm

【オプション説明】
ここでは日常良く使われるオプションを交えながらrpmコマンドの使い方について見て行きましょう。

-qa インストールされているパッケージの一覧を出力します(grepコマンドと組み合わせてよく使います)
-qi パッケージの名前を指定すると、そのパッケージの詳細を出力します
-ql 指定したパッケージに含まれたファイルの一覧が出力されます
-qf ファイルを指定することで、どのパッケージによってインストールされたものかを逆引きします
-qip インストール前のパッケージファイル(〜.rpm)を指定することで、そのパッケージの情報を出力します。同様に“-qlp”も存在します

まず、最も良く使われるのは”-qa”オプションです。
インストールされているパッケージの一覧を表示します。バージョンを確認するのによく使われます。

# rpm -qa |grep httpd

httpd-tools-2.2.15-15.el6.centos.1.x86_64
httpd-manual-2.2.15-15.el6.centos.1.noarch
httpd-devel-2.2.15-15.el6.centos.1.x86_64
httpd-2.2.15-15.el6.centos.1.x86_64

“-qi”オプションではパッケージの詳細を確認できます。

# rpm -qi httpd
Name : httpd Relocations: (not relocatable)
Version : 2.2.15 Vendor: CentOS
Release : 15.el6.centos.1 Build Date: 2012年02月14日 07時33分29秒
Install Date: 2012年02月23日 09時53分47秒 Build Host: c6b18n2.bsys.dev.centos.org
Group : System Environment/Daemons Source RPM: httpd-2.2.15-15.el6.centos.1.src.rpm
Size : 3062864 License: ASL 2.0
Signature : RSA/SHA1, 2012年02月14日 20時10分59秒, Key ID 0946fca2c105b9de
Packager : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org>
URL : http://httpd.apache.org/
Summary : Apache HTTP Server
Description :
The Apache HTTP Server is a powerful, efficient, and extensible
web server.

“-ql”オプションでは、指定したパッケージに含まれたファイルの一覧が出力されます。

# rpm -ql httpd

“-qf”オプションでは、ファイルを指定することで、どのパッケージによってインストールされたものかを逆引きします。

# rpm -qf /etc/httpd/conf/httpd.conf
httpd-2.2.15-15.el6.centos.1.x86_64

“-qip”オプションでは、インストール前のパッケージファイル(〜.rpm)を指定することで、そのパッケージの情報を出力します。

# rpm -qip /root/epel-release-6-7.noarch.rpm
Name : epel-release Relocations: (not relocatable)
Version : 6 Vendor: Fedora Project
Release : 7 Build Date: 2012年05月10日 00時58分17秒
Install Date: (not installed) Build Host: x86-03.phx2.fedoraproject.org
Group : System Environment/Base Source RPM: epel-release-6-7.src.rpm
Size : 22169 License: GPLv2
Signature : RSA/8, 2012年05月11日 00時00分09秒, Key ID 3b49df2a0608b895
Packager : Fedora Project
URL : http://download.fedora.redhat.com/pub/epel
Summary : Extra Packages for Enterprise Linux repository configuration
Description :
This package contains the Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) repository
GPG key as well as configuration for yum and up2date.

【問題】
1. 現在システムにインストールされている全てパッケージを表示してみましょう
2. /etc/ntp.confファイルがどのパッケージによってインストールされたのか確認してみましょう

資料をダウンロード