7.7. GUIでネットワークの設定をする

ネットワーク設定では、ここであげたようにいくつかのコマンドが必要ですが、それらをまとめて設定するものとして、/usr/sbin/system-config-network-tuiコマンドがあります。/usr/bin/system-config-network-tuiでも同じです。
(/usr/bin/、/usr/sbin/ともにPATHが通っているため入力省略可能)

# system-config-network-tui

(RedHat系列固有のコマンドです。他のディストリビューションやOSでは存在しないかもしれません。もちろんその場合は別の手法が用意されています)

system-config-network-tuiを入力

カーソルの操作は、↑→↓←およびTabキーで移動、Spaceキーで選択(解除)、Enterキーで決定です。

デバイスを選択

ネットワーク設定

ifconfigコマンドやrouteコマンドで一時的に設定したIPアドレスやルーティングの情報はマシンを再起動すると失われてしまいますが、system-config-network-tuiコマンドで設定した内容は永続化されて、マシンが再起動した後でもネットワーク情報が保持されます。CentOS 6.3には次のようなネットワーク情報を格納するための設定ファイルが存在していますが、これらのファイルをviなどのテキストエディタで直接編集してネットワークの設定を行うこともできます。

/etc/sysconfig/network(ホスト名、ゲートウェイの設定)

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethX(ネットワークインタフェースの設定、”X”の数字はNICの数によって異なります)

/etc/hosts(ホスト名の設定)

/etc/resolv.conf(DNSサーバの指定)

【問題】
1. /usr/sbin/system-config-network-tuiコマンドで現在のeth0の設定を確認してみましょう
2. /usr/sbin/以下にあるsystem-config-XXXXというコマンドを探して実行してみましょう
ヒント:/usr/sbin/ディレクトリまで行って、grepコマンドを使うとわかりやすいでしょう